ニーサ(NISA)口座開設 人気ランキング

*

ニーサ(NISA)・少額投資非課税制度の仕組みとNISA口座開設人気ランキング

ニーサとは、少額投資非課税制度です。
20歳以上の日本居住者なら誰でも専用のNISA口座を開設できます。
しかし、ニーサは、ご自分1人につき1口座のみ開設が可能で、同時に複数の金融機関でニーサを開設することはできません。

NISAの口座開設にあたっては、制度内容をしっかりご理解いただき、自分の投資目的や運用スタイルなどに合った商品・サービスを提供できる証券会社をじっくり検討する必要があります。
当サイトは、ニーサの基本情報やシステムから運用方法、口座開設までをトータルでサポートしており、合わせて優良な金融機関の資料請求やNISAの口座開設が直接できます。合わせてNISAに適した運用ができるおすすめの証券会社をランキング形式で紹介してます。

ニーサを始める前に資料請求(無料)で少額投資非課税制度を理解しよう!

ライフスタイルにあった投資コースが選べるNISA口座開設ランキング
おすすめの証券会社をランキング!
投資家はニーサをする場合、賢い選択として、3~4社の証券会社に口座を開設しており、無料でサービスや投資情報を利用しています。
SBI証券、楽天証券、マネックス証券ですが、こちらに紹介している証券会社の資料請求(無料)をされて、ご自分にあった証券会社でNISA口座開設をしましょう。
資料請求された後に、しつこい勧誘の電話もありませんので安心してください。
01位

SBI証券

★★★★★
NISAが分かりやすい!

業界屈指の格安手数料と業界最高水準のサービスで、業界No.1の口座数を誇るネット証券会社です。 NISA新規口座開設+お取引でキャッシュバックキャンペーン中!

SBI証券NISA口座・取扱商品

個別株 ETF REIT 投資信託 積立て商品
日本株 国内上場ETF 国内REIT 国内籍投資信託 投資信託
外国株 海外上場ETF 外国REIT 外国籍投資信託 株式累積投資
(※) -
検討中

02位

楽天証券

★★★★★
国内株式買付・売却ともに手数料実質0円

ネット証券随一の「多彩な商品」で140万口座を突破! NISAへの対応も準備万端で特設サイトは初心者でもわかりやすく解説しています。ニーサに適した運用ができる商品が揃っているおすすめ証券会社です。

楽天証券NISA口座・取扱商品情報

個別株 ETF REIT 投資信託 積立て商品
日本株 国内上場ETF 国内REIT 国内籍投資信託 投資信託
外国株 海外上場ETF 外国REIT 外国籍投資信託 株式累積投資
(※1) (※2) - -

03位

マネックス証券

★★★★★
株式手数料業界最安水準!100円から

使い易さNO.1!業界最安水準の手数料とプレミアムサービスが人気。 NISA特設サイトも用意しておりサポート力も充実している。 使い易さNO.1!業界最安水準の手数料とプレミアムサービスが人気。 NISA特設サイトも用意しておりサポート力も充実している。

04位

ライブスター証券

★★★★☆
オリコン手数料の満足度No1

ライブスター証券でNISA口座開設格安手数料と取引ツールという投資家目線で選ぶなら「ライブスター証券」はイチオシ! 初心者にもわかりやすい豊富な投資情報に加え、取引ツールなどの使い方なども親切にサポートしてくれる。

ライブスター証券NISA口座・取扱商品情報

個別株 ETF REIT 投資信託 積立て商品
日本株 国内上場ETF 国内REIT 国内籍投資信託 投資信託
- -
外国株 海外上場ETF 外国REIT 外国籍投資信託 株式累積投資
- - -

04位

GMOクリック証券

★★★★☆
売買手数料はずっと0円!

FX取引高世界一のGMOクリック証券ではNISA口座開設は2014年4月に提供! 手数料の安さと取引ツールの使いやすさはもう折り紙付きだから安心。

GMOクリック証券NISA口座・取扱商品情報

個別株 ETF REIT 投資信託 積立て商品
日本株 国内上場ETF 国内REIT 国内籍投資信託 投資信託
- -
外国株 海外上場ETF 外国REIT 外国籍投資信託 株式累積投資
- - - - -
(※)上記の取扱商品は今後変更、追加される可能性がありますので、GMOクリック証券公式サイトでご確認ください。

05位

カブドットコム証券

★★★☆☆
株主優待を取得して株主優待ライフを満喫

カブドットコム証券の強みはノーロードファンドやフリーETFを豊富に揃えています。 取扱投資信託412本のうち、ノーロードが208本とノーロードファンド中心の品揃は他社を圧倒!

カブドットコム証券NISA口座・取扱商品情報

個別株 ETF REIT 投資信託 積立て商品
日本株 国内上場ETF 国内REIT 国内籍投資信託 投資信託
外国株 海外上場ETF 外国REIT 外国籍投資信託 株式累積投資
- - - -


NISAはどんな制度?ニーサ口座開設の注意点やポイント

NISAの仕組みはわかりにくい面もあります。
NISA活用のポイントは制度の制約を理解した上で、無理せず運用を継続していきましょう。
NISAを始める上で知っておきたいNISAの制度や疑問点を表にしました。
利用できるのは 20歳以上の国内居住者 ・海外勤務者は使えない
利用する口座は NISAの専用口座 ・1人1口座
・金融機関は最長4年変更できない
口座開設の手続きは 金融機関に住民票など提出 ・現行制度では4年後に再申請が必要
口座の解約は いつでも可能 ・最長4年は再開設ができない
投資できる期間は 2014年から23年までの10年間 ・10年間の時限制度
投資できる金額は 毎年100万円が上限 ・新規投資に限る。特定口座などからほ投資は不可
・使い残した枠は翌年に繰り越せない
投資できる商品は 国内株式、ETF,REIT、外国株式、株式投信 ・MMF,個人向け国債、預貯金などは対象外
・金融機関毎に扱う商品は違う
非課税になるのは 上記商品の譲渡益、配当、分配金 ・損失が出たら非課税メリットはない
・特定口座などとの損益通算は不可
非課税期間は 投資した年から最長5年 ・100万円までの口座残高は6年目の非課税枠に移管(ロールオーバー)可能
非課税期間が終わったら 新たな非課税枠へのロールオーバー、売却、特定口座などへの移管 ・特定口座などへの移管では税負担が増えるケースも
商品の途中売却は いつでも可能 ・実質的に商品の買い替えは難しい
・売却した部分の枠は再利用不可

NISAで買える商品は限られています。

NISA口座で買える商品一覧